日本の伝統や技術を守りましょう

後継者を見つけるのも難しい

長年の事業継続の結果、独自の技術やノウハウや実績など、高い事業価値を有するにも関わらず経営者の高齢化とそれに対応する後継者を見出すことができずに、廃業せざるを得ない中小企業が増加しています。取引先も優良なのれんや、長い歴史をもつ事業者だからこそ有する知名度や信頼性など、有形無形の価値を持つにも関わらず、伝統的な技術などが忘れ去られてしまうのは、社会的にも大きな損失です。特に中小企業が会社や事業者の大半を占める日本にあっては、このような現象は経済の成長性を弱体化させる要因にもなりかねないのです。だからと言って経営者に就任することにはリスクを伴うので、事業を引き継ぐ社員が自ら名乗りを出ることも少ないのが現状です。

事業を譲渡する選択肢があります

しかし廃業を選択すれば従来から勤務してきた従業員は生活の糧を絶たれることになり、取引先にとっても経済的損失のリスクも高まります。ましてや日本の伝統産業などの事業であれば歴史的に培ってきた技術は歴史の闇の中に葬り去られてしまうでしょう。そこで会社や事業体そのものを第三者に包括的に譲渡すると言う選択肢があります。これが事業承継、M&Aと呼ばれるものです。具体的には事業承継に名乗りを上げた会社などに対して株式を譲渡してしまい、会社経営権をゆずりわたし譲り受けた会社の子会社などとして事業を継続することになります。この方法であれば雇用は確保され取引先にも不測の損害を与えることもありません。しかも従前の経営者は相応の対価を手にすることができるので、まさにウインウインの結果を期待できるのです。