譲渡企業のメリットについて

成長に必要な時間を節約できる

近年、ビジネスの世界で急速に存在感を増してきているものに、M&Aがあります。
M&Aとは企業の買収や合併、営業権の譲渡などの手法を用いて経営体制に変化をもたらすことをいい、従来は上場企業同士の経営統合といった大型案件が中心でした。しかし最近では、ビジネス環境の変化にすみやかに対応すべく中小企業の間でも積極的に活用する例が目立ちます。
この「すみやかな対応」は、M&Aにおけるメリットの1つです。たとえば他分野に進出したい場合、新たに事業部門を立ち上げてゼロからスタートするよりも、その業界ですでに実績のある企業を買収した方が目的達成にかかる時間を節約できます。また、必要な人材や設備などをそっくり取得できるのも大きな強みです。
一方、株式や営業権などを譲渡する側の企業経営者にとっても、M&Aはさまざまなメリットをもたらします。

後継者問題の解決にも役立つ

M&Aにおける譲渡企業側のメリットとしては、まずは経営の安定化が挙げられます。特定の企業あるいは企業グループの傘下に入り、資金面でのバックアップを受けられるようになれば、経営体力を増強するのに役立ちます。さらに、グループ企業同士の交流等を通じて優秀な人材を安定的に確保できるチャンスも生まれます。
また、中小企業のオーナー経営者にとっては、M&Aは後継者問題を解決する手段にもなります。近親者や社員の中に後継者としての適当な人材がいない、しかし自分の引退とともに企業を閉鎖すれば従業員の生活や取引先の業績に大きな影響を及ぼしてしまう、といった場合、M&Aによって他企業に経営を引き継いでもらえれば、後顧の憂いなくハッピーリタイヤを実現することが可能になります。