M&Aで事業承継

M&Aの意味とそのメリット

企業を継承する手段の一つとしてM&Aという形態があります。 M&Aとは「Mergers and Acquisitions」を略したもので「合併と買収」と意味します。 複数の会社が合併して1つになることや、1つの会社が他企業を買い取る買収といった経営統合のことです。 また、それだけでなく広義では企業の合併買収だけでなく提携までを含め、複数の会社が同じ目標に向けて協力をするということを示します。 M&Aを行う事によって企業としてのメリットは後継者問題の解決や、異業界への進出をし事業の拡大などと言った経営者にとっての課題解決を行うには有効的な手段です。 また譲受け企業側は必要な経営資源を得られコスト面、時間共にリスクを少なくし事業を開始できるといったメリットがあります。

M&Aで事業承継が急増の理由

経営者にとって事業継承の方法は、上場をするか、子供や社員へ引き継ぐかまたはM&Aによって企業を譲り渡すか、廃業するかこの4つの手段しかありません。
近年ではM&Aによって企業譲渡が急増しています。その理由として、企業の存続にはいくつかの壁あり、上場をするとしても厳しい基準をクリアしなくてはできないことや、子供、社員への継承はそもそも子供がいなかったり、子供がそれを望んでいない。また社員へは株式会社を譲りうける資金を持っていなかったりと難題がつきものです。
そこでM&Aによる企業譲渡を選択する会社が急増しています。
企業としても存続だけではなく、メリットがあり、後継者への引き継ぎの問題解決や他企業と連携する事により相乗効果で企業発展への可能性が高まる事、また個人補償や担保抵抗から解放され更に役員として引き続き事業を行えることです。
以上のことが、M&Aが企業継承に活用とされている理由です。